読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの鉄人

戦々恐々の日々

昇りくる太陽


 暑くなった所為か、仕事終わりの電車の中で僕は酷く疲れていた。

 もう何も考えられないくらい疲弊し、自分の中の、何かが確実に磨り減ってゆく。

 あと一駅で最寄りの駅だ。

 一刻も早く家に帰りたいと思う反面、こうやって呆けながら、電車にもう少し揺られているのも悪くないと思った。

 何気なく携帯電話で昔の仲間のブログ等をチェックする。

 小さな液晶画面に、ライブ情報が溢れ返る。

 相変わらず皆、戦っていた。

 当然、自分だけがもがいているわけ等なく、いや僕以上に皆、命を燃やし、

 自分が置かれた状況や事情やら感情やら、人が生きてゆく上で抱えているあれやこれやを引きずりながら、皆あがいている。
 
 それは何か心強い物があった。

 あるライブの告知に目が止まる。

 それは自分が一時期、深く関わったライブのスピンオフ企画の告知だった。

 微かに携帯を持つ手が震え出す。

 何気なく見ていた画面から、不意に自分にとって強烈なメッセージが放たれたのだ。

 心の準備等、していよう筈もなく幾つもの感情が溢れ出す。 

 “ああぁぁあぁぁぁ…”

 気がつくと回りの客が、驚いて振り返るくらいの唸り声が自分から発せられていた。

 同じ職場の人が車内にいたらどうしようと一瞬、思ったがすぐに

 やかましい!俺は今、それ所ちゃうんじゃい!と盛り返す。

 こんな時に自分は、何を糞みたいな事を気にしているんだろう。

 電車を下り、自転車に乗ってもその興奮は冷め止まず、何故か家まで立ち漕ぎで帰った。

 意味もなくその途中で、幾度か嫁さんの名前を叫んだりした。

 ライブに向かう彼らは、痺れるくらいにカッコ良く思え、立ち漕ぎしながら嫁さんの名を叫んでいる自分は酷く不様に思えてきた。

 不恰好だろうが卑小だろうがいい。そんな物は後でどうとでもなる。

 とにかく僕は今、突き動かされたのだ。
  
 どんな生き方をしていようと、人の心を打てない者に道は開けなかったりする。  
 
 彼らは、何も言わずして僕の心を強く打っていた。


 引退してから一つわかったのだが、僕はあまりお笑いを熱心に見る方ではなかったと言う事だ。

 現役の時は毎日、毎日、浴びる程、見ていた。

 その当時は、見て分析したり研究した気になっていたが今、思えば安心したかっただけだ。

 自分は無為に日々を送っているわけじゃない。ちゃんと前に進んでいる。そう思いたかっただけだ。

 引退してから、あまりお笑いのネタ等を見なくなってしまった。

 お笑いを見ると、昔を思い出し感傷的な気分になる。だからお笑いを避ける。

 生憎、そんな微細な感情を僕は持ち合わせてはおらず、単純に余りお笑いに興味を持てなくなってしまったのだ。

 会社の人達と飲みに行ったり、野球を観に行ったりはするし、嫁さんとは映画もよく観に行く。

 しかしお笑いを見に劇場へ足を運ぶ気には、ならなかった。

 自分と昔、大切な時間を過ごした仲間達のライブですら“行きたいな”とは思っても、途中で億劫になり結局、行かずに終わってしまう。

 しかしこのライブは違った。

 何が起ころうとも、見にいや目に焼き付けに行かなくてはならない。

 彼らがどれ程の物をくぐり抜け、そこに辿り着いたのかそれがわかる。

 正直、自分がそこに辿り着けなかった事への寂しさみたいな物もある。

 だが今更、それが何だと言うのか。

 彼らがそうしている様に自分も今を懸命に生き切るしかないのだ。

 
 彼らとともに戦っている頃、ライブのラストで僕は必ず、石野卓球の“risingsun”を流した。

 そこに込めた想いは、言わずもがな。

 6月22日ー

 昇りくる太陽を、心に焼き付けに行こうと思う。