読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたの鉄人

戦々恐々の日々

ホセ

 

 銀行の応接室から出て、後方を振り返ってみると銀行員のお姉さんが、僕に向かって頭を下げ続けていた。

 

 急激に、何だか申し訳ない気持ちになり、何か言おうと思ったが、巧く言葉が出てこない。

 

「ほ、ほんまに真剣に考えます!」

 

 と理由の分からない事を口走ると、お姉さんの笑顔が瞬時に引き攣った。

 

 住宅ローンの審査に通った僕は、各銀行の金利データ表を掻き集め、どの銀行に融資を頼むのかを考え倦ねると言う、全く身分不相応な作業に日々を費やしている。

 

 微塵も現実感はなく、「やっとここまできたか」と言う達成感も沸いてこない。

 

 胸中に広がってゆくのは、漠然とした不安と黒々とうねる重圧のみである。

 

 会社の先輩が、高級車を購入した折、何故か余り嬉しそうではなかった事を思い出す。

 

「嬉しくないんですか!?」と思わず僕が、口走ると、

 

「あんまり… 三日間、何も考えずに飲み歩ける方がよっぽど嬉しい」と冴えない顔で先輩が答えた。

 

 “そんなもんかな”と、その時、僕は思ったものだ。

 

 「やっとマイホーム、ゲットできたぜぇぇぇぇ。イエーイ!」と言う単純な雄叫びを上げる気には到底なれず、どうやら僕は年を重ね過ぎた様だ。

 

 二十歳の時にホセメンドゥーサとの激闘の末、真っ白な灰になる事を痛切に願っていた僕は今、固定金利の底を見極め様と躍起になっている。

 

 しかもそれに対して、心を抗わせず、何もかもを有りの侭に受け入れると言う態勢を、いつの間にか自分の中に構築してしまった様だ。

 

 何とも言えない気分になり、数年前まで一緒に戦っていた仲間の声が急に聞きたくなった。

 

 適当に携帯のメモリーを眺めていると、何故か疎遠になってしまった仲間の名前に目が止まった。

 

 今も親しくしている仲間に、この心情で電話を架けると、不要な心配をかけてしまいそうだった。

 

「急にどうしたんですか!?何かあったんですか!?」と聞かれて

 

「ホセメンドゥーサと戦って、真っ白な灰になりたかった俺が今、金利の計算してんねん!」等と答え様もんなら、いよいよ頭がおかしくなったと思われるのが関の山だ。

 

 もし自分に誰かから、そんな電話が、架かってきたと思うとぞっとする。

 

 兎に角、僕は今、東京に住んでいる昔の仲間に電話を架けてみる事にした。

 

「もしもし…おはようございます!」

 

 酷く懐かしい声がする。

 

「おお!久しぶり!今、京橋にいてるんやけど飯でもいかへんか?」 

 

「あ…あの今、僕は東京に住んでいるんですよ」

 

 渾身のボケを投下したつもりだったが、意図が伝わらず真面目に答えられてしまう。

 

「あぁ…せやったなぁ」

 

 出鼻を挫かれ、何だか急に恥ずかしくなって、足を捻りながらも、何とか会話を強引に着地させる。

 

 それから彼の東京での暮らしやら、共通の仲間の話し等をした。

 

 仕事の事を聞いてみると、彼が弾んだ声で「順調ですよ!」と答えた後に、先日行われたある大喜利の大会で優勝したと教えてくれた。

 

 彼のその一言で、僕の陰鬱な気分が一気に霧散してゆく。

 

 彼とは数年前、幾度となく、同じ舞台で共に大喜利をやった。

 

 あの日々が、今、誰かの糧になっている事が素直に嬉しかった。

 

「先輩は、どうしてるんですか?」

 

「胸にシリコン入れて巨乳にしたよ」

 

「はぁ?何を言ってるんですか?」

 

「……」

 

 無駄に気分が高揚し、かましてみた芥川賞ボケも彼には伝わらなかった様だ。

 

「うそ。うそ。結婚して、もうすぐ家を建てる事になったんやわ」

 

 そう報告すると、彼は「さすがっすね!」と言った後、爆笑した。

 

 電話を切った後、久しぶりに大喜利でもやってみようかと思ったが、そんな暇等あろう筈もない。

 

 再び、銀行の金利表に目を落とす。

 

 視界を現実が、覆い尽くす。

 

 何だか吐きそうだった。